検索キーワードに応える記事を書いてますか? | サラリーマンの副業奮闘記

検索キーワードに応える記事を書いてますか? | サラリーマンの副業奮闘記 記事一覧

検索キーワードに応える記事を書いてますか?

まいど、吉田屋です。


■検索キーワードに応える記事を書いてますか?


「あなたのブログ、どんなキーワードで検索されているか、
調べたことありますか?」


JUGEMやアメブロの方、ラッキーです。
簡単に検索キーワードが一覧表示されますよ。


実は、私もついさっきまで、知りませんでしたぁ〜




検索キーワードを調べてない訳じゃありませんよ。(言い訳 ^^;


Google Analyticsリサーチ・アルチザンを入れてますので、
検索キーワードはそちらで見ることができます。


※リサーチアルチザンの無料サービスは終了しました。
同機能を持つリサーチアルチザンライトのインストール方法はこちら。
↓ ↓ ↓
「リサーチアルチザンライトのインストール図解マニュアル作りました」


ちなみに、Google Analyticsでは、こんなことが分かります。


Google


検索ワードごとに、「セッション」「平均ページビュー」「平均サイト滞在時間」
「新規セッション率」「直帰率」が表示されます。


「セッション」とは、読者さんの訪問数です。
「平均ページビュー」は、読者さんが訪問中に見てくれた平均ページ数です。
「平均サイト滞在時間」は、文字通り読者さんがブログにいてくれた時間です。
「新規セッション率」は、訪問者のうち初めて来られた方の割合です。
「直帰率」は、1ページだけ見て帰っちゃった人の割合です。


例えば、「ブログパーツ置手紙」で検索して来た方は、
延べ31名で、初めての方はいません。


9割の方は、見た瞬間にお帰りになってます。
1割の方は、平均もう1ページ見てくれていますね。


こんなことが、まるで見ていたかのように分かります。


リサーチ・アルチザンの方は、こんな画面です。


アルチザン


検索ワードごとに、アクセス数と割合が表示されます。
他の情報は分からない訳ではなくて、別画面で表示されます。


リサーチ・アルチザンでは、もっと恐ろしいことが分かります。


訪問者を限定して、その人がいつどのページを閲覧したのか、
追跡することまでできます。


まあ、
「そこまで解析してどうすんの?」
って気もしますが。(笑


さて、こんな便利なGoogle Analyticsとリサーチ・アルチザンなんですが、
なんとどちらも無料です。


ただ、導入するにはHTMLタグをいじらないといけません。
ここがちょっと、初心者の方には敷居が高いかもしれません。


そこでJUGEMの検索キーワード一覧の登場です。

JUGEMキーワード


これは、ブログサービスJUGEMの管理画面です。
赤枠で囲った、アクセスログにある「検索キーワード」をクリックすると、
「検索文字列」「サーチエンジン」「検索数」が一覧表示されます。


対象となるログは、過去3ヶ月分です。
「検索文字列」は最大50件まで表示されます。


これなら、最初っからある機能ですから、何もする必要はありません。
ブログを立ち上げた日から、キーワード解析できます。


もっとも、しばらくは検索エンジンから誰も来ないと思いますけど・・・


せっかくなので、ざっと解析してみました。
検索文字列をカテゴリ分けしてみると、次のようになりました。


「置手紙」関連:20%
「くりMO」関連:20%
「毎月17万円」関連:14%
「ブログ」関連:12%
「商材レビュー」関連:8%
「副業」関連:8%
「イーバンク銀行」関連:6%
「特商法・特電法」関連:4%
「QHM」関連:1%
「i2i」関連:1%
その他:6%


やっぱり記事数も多いですから、「置手紙」と「くりMO」が
ツートップですね。


3番目の「毎月17万円」というのは、レビューを書いた
1,000円の商材です。


面白いことに、ほとんどが作者名の「城山明美」で
検索されてます。


その他の中には、「稼ぐ」「作成」「検索技研2」「「pdf」なんかが含まれます。


訳がわからないところでは、「釜戸の作り方」とか「鶴田真司」とか、
なんで?というキーワードもあります。


いずれにしても、これが実際の読者さんの”ニーズ”ですから、
それに応えるような記事もちゃんと書いていかないといけませんね。


このようなアクセス解析機能は、あなたが使っている
無料ブログサービスにも付いているはずです。



例えば、アメブロに最初から付いてるアクセス解析機能は、もっと充実してます。
「時系列アクセス数」「リンク元URL」「検索ワード」「ページ別アクセス数」
さらに「訪問者属性」まで分かります。


JUGEMは「ページ別アクセス数」なんかは有料ですけどね。


あなたも一度、ご自分のブログの検索キーワードを調べてみてください。
意外なキーワードが見つかるかもしれませんよ。



comments(0)trackbacks(0)|2010.02.01 Monday | category:├ SEO
このブログで人気のある記事を読む

ブログパーツ
このブログで人気のある記事を読む

コメント








   
トラックバック
この記事のトラックバックURL:

月間アーカイブ



(最近の記事一覧)
Copyright © 2018  検索キーワードに応える記事を書いてますか? | サラリーマンの副業奮闘記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by SEOテンプレートKAETEN X