この記事タイトルは反則でしょう | サラリーマンの副業奮闘記

この記事タイトルは反則でしょう | サラリーマンの副業奮闘記 記事一覧

この記事タイトルは反則でしょう

 まいど吉田屋です。


メルマガにしろブログにしろ、
記事は読んでもらわないと意味がありません。


読者さんが最初に見るのは”タイトル”です。
ここでほぼ勝負がついてしまいます。


「あなたは、読んでもらうために記事タイトルを付けてますか?」

Sponsored Link


 
メルマガとブログでは、ちょっと記事タイトルの意味合いが異なります。


メルマガでは、純粋に読んでもらえるかもらえないか、
それだけを考えてタイトルをつけることができます。


既にメールは受け取ってもらってますから、
後は本文を開いてもらうだけです。


ところが、ブログの場合は、
それに加えてSEO対策を考えておかないといけません。


メルマガと違って、YahooやGoogleといった検索サイトから
来られる読者さんが多いからですね。


検索エンジンは、記事タイトルに含まれるキーワードを重視します。
検索結果の上位に表示されるには、そのキーワードを
記事タイトルにも入れておく必要があります。


さて、今日はキーワードは横に置いといて、
単純に、つい中身を開いちゃうタイトルについてお話したいと思います。


あなたも毎日嫌になるほどメールを受け取っていることでしょう。


私も、複数のメールアドレスを使い分けていますが、
メインのアドレスだけでも1日に何百通というメールが届きます。


その中から、
「これはちょっと反則でしょう」
っていうタイトルを集めてみましたので、ご紹介します。


▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽


『Google Adsenceチームより確認です。』


Adsenceやっている人なら、間違いなく開いちゃうでしょう?(笑


「え!?ひょっとして自分もID停止?」
Adsence狩りのことは皆さんご存知ですから、
これは無視できないですよね。


『【重要】アカウント停止のお知らせ』


これも開いちゃいますね。
特に、今の私なら間違いなくひっかかります。(爆


『【要確認】お振込み口座が確認できません。』


あなたがアフィリエイターなら、無視できないでしょう。
お小遣いサイトや懸賞サイトを使っている方も、
素通りできないタイトルですよね。


『【重要】ATMお預け入れのご確認。』


これも、発想は上のタイトルと同じですね。
つい開いちゃいます。


『【重要】ATMから入金ありました。』


これは、その応用編です。
わざわざ【重要】って頭につけるのも卑怯です。(笑


『○○様ご注文ありがとうございます。■注文番号:1564C2156E』


あなたの名前が入っていて、しかも具体的な番号まで記載されてます。
これ、無視できます?


『●特典付きダウンロードURL ※○○様専用』


これも、名前入りです。
ダウンロードURLのお知らせなんかは、
皆さん日常的に受け取っているでしょう。


いいとこ、突いてきますよねぇ。


『○○様にお願い』


これも、名前入りです。
単純なんで、余計に「あれ、誰だろう?」って思っちゃいますよね。


『【用確認】E-バンク銀行よりご連絡』


ちゃんと、『【要確認】イーバンク銀行よりご連絡』ってタイトルだったら、
私も開いちゃったかもしれません。


発想はいいんですが、間違えちゃうとしらけますね。(笑
ちょっと見ていて”痛い”タイトルでした。


『宅急便お届けのお知らせ。』


ご丁寧に、送信者名が「クロネコ」です。(爆
なんだろって、開きますよね?


座布団1枚差し上げましょう。


『再配送のご連絡です。』


こちらは、送信者名が「佐川」です。(大爆
上のメールと続けて来たので、笑っちゃいました。


でも、中身はFXツールの紹介です。


『このメールを開いてはいけません』


ここまで来ると、ひっかかる人はもういないでしょうね。


『日本政府公認委員会があなたを選びました』


これはもう、行き過ぎって感じですね。


『流出!●木ま●みの裏の顔』


この手のタイトルも、あまりに使い尽くされて、
今ではもう、時代遅れの感もあります。


どうでもいいことですが、「●木ま●み」って誰?


△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△


いかがでしたか?


これ、全部実際に私が受け取ったメールのタイトルです。
当然、中身はタイトルとは全く関係のないものですが。


老婆心ながら、
このまま使わないでくださいね。(笑


メールを開いてもらえないばかりか、
受信拒否設定されて、あなたからのメールは、
二度と受け取ってももらえなくなるでしょう。


お伝えしたかったのは、これらのタイトルは、
なぜ、つい開きたくなるのか、という本質のところです。


共通しているは、
「あなたのメリット」
ということです。


他の人や一般の人に関することでは、
興味を持ってもらえません。


「あなた」でないと、ダメです。


自分に関することだと思うからこそ、
中身を読んでおかないといけないな、と思うんですね。


多くの人が、ネットで何かを注文したり、
宅急便を受け取ったりしたことがあるので、
つい、自分のことだと思ってしまうわけです。


これが、例えば、
「ケニア旅行当選のお知らせ」とか、
「カーリング大会日程のご連絡」とかでは、
自分のことだと思う人はほとんどいないでしょう。


これでは、多くの人にメールを開いてもらえません。


しかも、メリットがあることでないとダメです。
無視するとデメリットになることでも、構いません。


読んだらどうなる、読まないとどうなっちゃう、
そういうことを想像させる、具体的な表現が必要です。


「振込みの確認」なんかがそうですね。
あそこから入金があったんだな、ラッキー!
と勝手に想像しちゃうわけです。


「宅急便のお知らせ」もそうですね。
誰だろ?でも、対応しないと受け取れないかも、
と勝手に想像しちゃうわけです。


「あなたのメリット」


これを意識してタイトルをつければ、
もっと多くの方に、あなたの記事を読んでもらえるでしょう。


comments(10)trackbacks(1)|2010.03.27 Saturday | category:メルマガ
このブログで人気のある記事を読む

ブログパーツ
このブログで人気のある記事を読む

コメント








   

吉田屋さん、おはようございます♪

ウチにも来ますよ。そういうメール
携帯ではもっとあからさまだったりw

"佐川"は笑えますね〜
そら思わず開くわ(爆)

でも、どんな中身だったのかはもっと気になります。

たしかに開くかもしれないけど
その後の信用や共感には繋がらないような…

実際買ったことないしね(笑)


応援ポチです☆

Nao@派遣社員のインターネット広告ビジネス 2010/03/28 9:04 AM

吉田屋さん、ご無沙汰です。

「●木ま●み」⇒『優木まおみ』ですよ。
かわいいですっww

まったりKEI 2010/03/28 2:30 PM

Naoさん、いらっしゃい。

中身は気にするまでもないです。
全く普通のFX商材の売り込みです。

「クロネコ」もFXだったので、
おそらく同じ人の宅急便
シリーズ化ですね。(爆

次をちょっと期待しちゃいますね。

吉田屋 2010/03/28 4:10 PM

まったりKEIさん、いらっしゃい。

お久しぶりです。
さすが良くご存知で。

これ、考えてみると●がなくなっても
その人を知らない人にとっては、
あんまり効果ないですね。(笑

もうちょっと有名な人、
選べばいいのに。

優木まおみって十分有名ですかね?
知らないのは中年オヤジだけ?

吉田屋 2010/03/28 4:14 PM

こんにちわ!水上です

ホント卑怯ですよね!!

最近は見に覚えの無いものは
気になっても開かないですけど

知らなかったり偶然にも
内容が一致してしまうような

メールは開いちゃいそう・・・。

こんなんで信頼をなくしたくないですね!

ドドーーンと応援ポチッと(^o^)/~

サラリーマン父ちゃん@水上 2010/03/29 1:34 PM

吉田屋さん^^
どうも、伊達メガネ中村です^^

「入金関係」はまさかな〜
とかいいながら、開いてる自分がいます;

でも、何度も同じ名前で来ると
段々、腹たってきますけどね(笑)

「またおまえか!」みたいな^^;

でも、こういった
自分が反応した言葉を覚えておくのも、
どこかで役に立ったりしますね^^

それにしても
優木まおみ・・・
私、結構好きです(笑)

応援☆
http://super-mj.com/

ネットビジネス学院長★伊達メガネ中村 2010/03/29 4:14 PM

水上さん、いらっしゃい。

最近では、その手のメールタイトルを見るのがちょっとした楽しみになってます。

腹が立つより感心することの方が多いですね。よくもまあ、いろいろと、手を変え品を変え、考え出しますよ。

吉田屋 2010/03/30 1:24 PM

学院長、いらっしゃいませ。

入金関係、本物なのに捨てちゃったメール、1通くらいあるかもしれませんね。

そう考えると、やっぱ開いちゃいなぁ・・・

優木まおみって、実は有名人だったんでしょうか?
知らないのは私だけ?(恥

吉田屋 2010/03/30 1:31 PM

送信者がメールアドレスを変えるのか、発信者が複数いるのか、同じ内容の「情報商材を束にして、数百分の一という格安で紹介している」極東という会社からしつこいメルマガが届き迷惑しています。そのつど、配信解除をお願いしていますが、解除用アドレスをクリックしても、送信に成功しません。つまり英語の送信失敗メールが送られて参ります。そこで送信者へ返信の形で解除をお願いしますが、それでも送信されて来るので困っています。こういう会社は法令違反していないのでしょうか?
このような場合、どう対処したらいいのでしょうか?

古賀 2010/03/31 8:16 PM

古賀さん、いらっしゃい。

昨年12月1日に施行された特電法では、「事前に同意を得た人意外に広告宣伝メールを送ってはならない」と規定されており、明らかな法律違反だと私は思います。

ただ、それが海外から送られてくるメールの場合、どう適用されるのかは、専門家に相談すべきかと思います。

相談先としては、財団法人日本データ通信協会が運営している「迷惑メール相談センター」などがあります。

アドレスはこちらです。
http://www.dekyo.or.jp/soudan/

吉田屋 2010/04/01 12:18 AM

トラックバック
この記事のトラックバックURL:

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

- 2010/03/31 8:44 PM

月間アーカイブ



(最近の記事一覧)
Copyright © 2018  この記事タイトルは反則でしょう | サラリーマンの副業奮闘記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by SEOテンプレートKAETEN X