フォントだけで随分印象が変わります | サラリーマンの副業奮闘記

フォントだけで随分印象が変わります | サラリーマンの副業奮闘記 記事一覧

フォントだけで随分印象が変わります

 まいど吉田屋です。

あなたは明朝体派ですか?

それともゴシック体派ですか?


文章は、内容もさることながら
見てくれも非常に大事です。


このようにだらだらと文字だけべた打ちされていたらどんなに内容が優れていてももう最初から読む気が失せてしまい記事が無駄になってしまいます。


逆に


間が


こんなに


空いてたら


やっぱり


読む気が


なくなります。



あまりに小さい字や

あまりに大きい字も


読みにくいですねぇ


また、フォントの種類によっても、印象が変わってきます。


日本語フォントは、大きく分けて、明朝体とゴシック体があります。


一般的に、明朝体は女性的で優しい感じ、
ゴシック体は男性的で力強い感じを与えると言われています。
好みの問題もありますね。


私は(女性は好きですが)明朝体があまり好きではないので、
ほとんどゴシック体を使っています。


一番好きなフォントは、
少し丸みを帯びたゴシック体の「MS UI Gothic」です。


例えば、吉田屋の無料レポートは全てアベマユさんの
ワードテンプレート『サクッとレポート』を使っていますが、
フォントは変更しています。


オリジナルは、タイトルが「HGP創英角ゴシックUB」、
本文が「MS 明朝」なんですが、
レポートタイトル以外は全て「MS UI Gothic」に変えてます。


これだけでも、相当印象が変わります。


今ご覧のこのブログは、「ヒラギノ角ゴ Pro W3」というフォントです。
もしお使いのパソコンにこのフォントがない場合は、
「MS Pゴシック」で表示されているはずです。


これが明朝体になると、
随分印象が違うでしょう?


今、巷で話題の『アフィリエイトとレジャー』や『パーフェクトトレジャー』は、
オリジナルのフォントが「MS ゴシック」です。


「MS ゴシック」は「P」が付いていませんから、”等幅フォント”と呼ばれ、
原稿用紙の升目に書いたように、1文字の横幅は全て同じです。


パーフェクトトレジャーで作ったサイトが野暮ったく見えるのは、
”等幅フォント”を使っているのも一つの大きな原因だと私は思います。


これに対して、「P」のついた「MS Pゴシック」は、
”プロポーショナルフォント”と呼ばれています。


文字は「MS ゴシック」と全く同じなんですが、
1文字1文字の横幅が違います。


横長の文字は幅広に、横細の文字は狭い幅で表現されるので、
”等幅フォント”よりも自然で美しく見えるんですね。


『トレジャー』で作ったサイトでも、
フォントを”プロポーショナル”に変更するだけで、
これだけ印象が変わります。


あなたのサイトもフォントを工夫してみてはいかがでしょうか?


comments(4)trackbacks(0)|2010.10.07 Thursday | category:├ コピーライティング
このブログで人気のある記事を読む

ブログパーツ
このブログで人気のある記事を読む

コメント








   

吉田屋さんこんばんは
当ブログへのコメントありがとうございました。
フォントの変更はやっぱり必要ですよね。
自分は割と明朝使ったりしますけど、サイトの雰囲気によって使い分けています。
書体もデザインの一つですから大事ですね。
しかし、書体のカスタマイズでパーフェクトトレジャーの雰囲気変わりますね。
自分もカスタマイズしてみるとします。
ありがとうございました

効率重視アフィリエイトのすすめ@騎馬けーかん 2010/10/07 8:31 PM

騎馬けーかんさん、いらっしゃい。

フォントの使い分け、
難しいですよね。

私はゴシック一辺倒ですから。
さすが騎馬けーかんさんですね。

トレジャーはフォント変えるだけで、
随分マシになると思います。
CSSいじるだけですから、
簡単ですしね。

吉田屋 2010/10/07 10:25 PM

吉田屋さん、こんばんは。

確かに、フォントだけでも随分とイメージが変わりますね。

自分の好きなイメージで使うのもいいですけれど、読み手に与える印象も考えて使い分けることができたら、もっとレベルアップできるのですね!
ぱっと見たイメージで決めることが多かったのですが、ちょっとレポートなどのときに考えてみようと思います。

とても勉強になりました。

応援ポチさせていただきます☆

まりん 2010/10/08 3:36 AM

まりんさん、いらっしゃい。

記事内容、媒体、読者層などで、
フォントを使い分けできるようになれば、
フォントマスターですね。

それと、フォントから受けるイメージも、
一つのブランディングになると思いますので、
気に入ったフォントを使い続けるのも
必要かと思います。

吉田屋 2010/10/08 10:31 AM

トラックバック
この記事のトラックバックURL:

月間アーカイブ



(最近の記事一覧)
Copyright © 2018  フォントだけで随分印象が変わります | サラリーマンの副業奮闘記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by SEOテンプレートKAETEN X