.NET Framework 4はSIRIUSのためにもインストールしておきましょう | サラリーマンの副業奮闘記

.NET Framework 4はSIRIUSのためにもインストールしておきましょう | サラリーマンの副業奮闘記 記事一覧

.NET Framework 4はSIRIUSのためにもインストールしておきましょう

 まいど吉田屋です。


2011年9月30日、
予告通り、サイト作成ツール『SIRIUS』が、
大幅バージョンアップされました。


主な変更点については、
こちらの記事を読んでみてくださいね。



その中で、吉田屋が一番期待していたのは、
ヘッダー画像編集の大幅増強です。


早速、バージョンアップして、
ヘッダー画像編集を使おうとしたら・・・


『このアプリケーションを実行するには、
最初に以下の.NET Frameworkバージョンの
いずれかをインストールする必要があります。

v4.0.30319

.NET Frameworkの適切なバージョンの取得方法については、
アプリケーション発行者に問い合わせてください。』





さて、「.NET Framework」って何よ?
という方は、まずこちらの記事を読んでみてください。



要するに、
「違うプログラミング言語で作られたプログラムが、
共通の部品を利用出来るようにしたもの」
ということです。


今では、様々なアプリケーションソフトが、
この「.NET Framework」を活用しています。


非常に便利なものなんですが、
はっきり言って、曲者です。


扱い難くしている理由は、主に3つあります。


1つ目は、上位互換性がない、ということです。


普通のソフトって、バージョンアップしたら、
旧バージョンって要らなくなりますよね?


ハードディスクの容量がもったいないので、
通常は、この旧バージョンを削除してしまうでしょう。


しかし、「.NET Framework」は、
バージョンによっては上位互換性がないんです。


例えば、バージョン2.0は1.1と互換性がありません。


つまり、2.0にバージョンアップしても、
旧バージョンの1.1を消しちゃ、いけないんです。


もし消しちゃうと、バージョン1.1を使って動いていた
アプリケーションソフトは、動かなくなっちゃいます。


そんな重要なこと、もっとデカデカと書いといてもらわないと、
普通、分りませんよね。


で、多くのユーザーが路頭に迷っちゃうわけです。




2つ目は、エラーメッセージの分りにくさです。


「.NET Framework」がないためにエラーが起こっても、
ほとんどの場合、原因が分りません。


「.NET Frameworkのバージョン○○がありません。」
と表示してくれることが、滅多にないからです。


たいてい、全然関係ないエラーメッセージが出ます。


だから、「.NET Framework」のインストールが必要だと、
分らないんですね。


これは、本当に困った問題です。




3つ目は、そのインストールの複雑さです。


「.NET Framework」は、1.0から始まる多くのバージョンに加えて、
Service PackやLanguage Packといった、
いろいろな追加パッチファイルが用意されています。


それだけなら良いんですが、
これらのインストールの順番を間違えると、
次のバージョンがインストールできなくなったりするんです。


もう、これは不具合と言ってもいいでしょう。


そのため、一旦、「.NET Framework」を全部削除して、
最初からインストールする方法を書いたこちらの記事が、
いまだに多くの方に読まれているんですね。



それくらい、ハマッちゃってる人が多いってことです。



で、今回のサイト作成ツール『SIRIUS』のバージョンアップでも、
早速、「.NET Framework」がらみのエラーが発生しました。


でも、今回のエラーはラッキー(?)です。


SIRIUSのメニューから「編集」-「ヘッダー画像」を選ぶと、
こんなに分かり易いエラーメッセージが表示されます。


『このアプリケーションを実行するには、
最初に以下の.NET Frameworkバージョンの
いずれかをインストールする必要があります。

v4.0.30319

.NET Frameworkの適切なバージョンの取得方法については、
アプリケーション発行者に問い合わせてください。』


つまり、「.NET Framework」のバージョン4を入れろ
ってことですね。


ご指摘通り、吉田屋のPCにはバージョン4が、
まだ入ってなかったんです。


「.NET Framework」のバージョン4をインストールするには、
Windows XP SP3以降が必要なんですね。


.NETサイトの必要システム.jpg


以前、「.NET Framework」の記事を書いたときは、
吉田屋のPCは、まだ「Windows XP SP2」だったので、
「.NET Framework」のバージョン4は、インストールできなかったんです。


でも、今ではちょっぴり進化してSP3になりましたので、
やっとバージョン4をインストールできるようになりました。(ホッ


ってことで、早速、「.NET Framework」のバージョン4を
インストールしてみましょう。


ダウンロードサイトは、こちら。


なんと、ダウンロードリンクが、8個もあります!


.NETサイトのダウンロード.jpg


しかも、何の説明もなし。


どれをクリックしたらいいか、サックリ分る人は、
もうこれ以降の記事を読む必要はありません。


普通、分りませんぜ!!


んじゃ、説明します。


まず、「.NET Framework」の本体をインストールするのが、
一番上の「.NET Framework 4」です。


次の「.NET Framework 4 Language Pack」とは、
エラーメッセージなどのテキスト文が、
英語以外の言葉に翻訳されたものです。


次の「.NET Framework 4 Client Profile」は、
「.NET Framework 4」の機能の中から、
クライアント・アプリケーションで使用される機能のみを抽出した
軽量のセットアップパッケージです。


次の「.NET Framework 4 Client Profile Language Pack」は、
その「Client Profile」のテキスト翻訳版ですね。


「.NET Framework」の後ろにある
「Webインストーラー」と「標準インストーラー」との違い、
分りますか?


「Webインストーラー」とは、
インストーラー(869KB)だけで、プログラム本体がありません。


インターネットに繋げたまま、
プログラムをセットアップする場合のみ、選ぶことができます。


ですから、普通はこちらですね。


「標準インストーラー」とは、
プログラムを含むフルのファイル(48.1MB)をダウンロードできます。


そのため、ダウンロードファイルを解凍してインストールするときは、
インターネットに繋がっている必要がありません。


次に、「x86」と「x64」の違い、分ります?


これ、サックリ答えられる人は、
かなりのPCマニアだと、自覚した方がいいですね。(笑


普通、知りません。


「x86」というのは、32ビットマイクロプロセッサ対応版のWindowsのことです。
「x64」というのは、64ビットマイクロプロセッサ対応版のWindowsのことです。


お使いのWindowsが32ビット版か64ビット版かによって、
このクリックする位置が、変わってくるわけです。


だいたい、ご自分のWindowsが32ビット版か64ビット版か、
ご存知ですか?


分らない場合は、こちらのサイトをご覧ください。


「最先端のWindows 7なんだから、64ビットだろう?」


そうはいかないんですね。


XPもVistaも7も、32ビットと64ビットの両方があります。
ご存知ない方は、ちゃんとチェックしておいてくださいね。


ちなみに、私のXPは、
システムに「Microsoft Windows XP Professional」
としか書いてありませんので、x86(32ビット版)です。


システムバージョン.jpg


さてさて、これだけを読むと、
じゃあ、2番目の「.NET Framework 4 Language Pack」を
「x86」でインストールすればいいだなって、普通、思いません?


だって、エラーメッセージは英語より日本語の方が、
分かり易いですから。


で、「Language Pack」を先にインストールしようとすると、
こうなります。


LanguagePackを先にインストールしようとすると.jpg


だったら、先に「.NET Framework 4」をインストールしろって、
書いとけよ!って思いません?


・・・


・・・



気を取り直して、一番上の「.NET Framework 4」から、
「Webインストーラー」をクリックします。


ウェブインストーラー.jpg


ダウンロードをクリックすると、
インストーラーがダウンロードされますので、
ダブルクリックします。


インストーラーファイル.jpg


実行をクリックすると、セットアップ画面が表示されます。


インストール実行.jpg


「同意する」にチェックを入れて、
インストールをクリックすると、始まります。


セットアップ画面.jpg


インストールは、結構、時間がかかります。


ここまで来るのに、10分かかりました。


インストール中3すでに10分.jpg


この画面が出れば、インストール終了です。
だいたい15分弱、かかりました。


インストール終了.jpg


本体のインストールは終了しましたが、
「Language Pack」が残っているので、
ここは、「後で再起動」をクリックします。


セットアップ完了.jpg


次に、2番目の「.NET Framework 4 Language Pack」から、
「x86」をクリックします。


日本語パック.jpg


ダウンロードをクリックして、
ダウンロードされたインストーラーをダブルクリックします。


インストールが終了したら、忘れずに再起動しましょう。


さて、「.NET Framework 4」のインストールが終わると、
こうなります。


NET.jpg


「Client Profileもちゃんとインストールされてんじゃん!」


何で先に書いといてくれないんですかね?


結局、「.NET Framework 4」のインストールは、
こうすればいいんですね。


1) ダウンロードサイトを開く。


2) 「.NET Framework 4」の「Webインストーラー」をクリックし、
  本体をインストールする。


3) 「.NET Framework 4 Language Pack 」のx86(32ビット版)、
  またはx64(64ビット版)のいずれかをクリックしてインストールする。


4) 再起動する。


これでやっとSIRIUSのヘッダー画像編集が
使えるようになりました。



その中身は・・・


次回にしますね。(笑


※『.NET Framework 4.5 RC』のインストールで迷っている方。
↓ ↓ ↓
『.NET Framework 4.5 RCはWindows XPとVistaではサポートされません』



comments(5)trackbacks(0)|2011.10.02 Sunday | category:├ .NET Framework
このブログで人気のある記事を読む

ブログパーツ
このブログで人気のある記事を読む

コメント








   

吉田屋さんこんばんは。
週末農夫です。
いつもメルマガ楽しみにしてます。

この記事の.NET Framework 4のインストール。
本当に助かりました。
SIRIUS買ったはいいけどなんだこのインストールが必要って・・・
っていう感じだったんですよ。
読んで理解して、問題なくインストール完了!!

ありがとうございました。
応援ポチっとして帰ります。

週末農夫@情報商材レビュアー 2011/11/15 9:01 PM

週間農夫さん、いらっしゃい。

SIRIUSでは、.NET Framework4が必要って、
かなりサラッと書いてあるんですよね。

最初からインストール済みのWindows7の方なら
いいんですが、追加インストールで躓いてる方って、
結構いるんじゃないでしょうか。

お役に立ててよかったです。

ホント、.NETは分かりにくいですよね。

吉田屋 2011/11/16 4:59 AM

吉田屋さん、はじめまして。

.NET Framework4がインストールできなくて困っていたらこのサイトに辿り着きました。

吉田屋さんの記事に書いているように試してみたのですが、何度インストールしてもインストールしている最中に「ロールバック」となってしまいインストールできません・・・。

私もシリウスを使っていてヘッダー画像編集機能が使えなくて困っています。

原因は何かわかりませんか?

ご回答いただけると嬉しいです。
宜しくお願い致します。

ちー 2012/01/11 6:09 PM

吉田屋さん、こんばんは。

先ほど、コメントしたちーです。

.NET Framework4ですが、Windows updateを行った結果、無事インストールすることができました。

お騒がせしてすみません。
ありがとうございました。

ちー 2012/01/11 8:30 PM

ちーさん、いらっしゃい。

無事解決して、よかったですね。

もともと、XPのSP2だったんでしょうか?
.NET Framework4は、SP3でないと、
インストールできないですから。

それにしても、.NETは依然として分かりにくいですね。

吉田屋 2012/01/11 9:27 PM

トラックバック
この記事のトラックバックURL:

月間アーカイブ



(最近の記事一覧)
Copyright © 2018  .NET Framework 4はSIRIUSのためにもインストールしておきましょう | サラリーマンの副業奮闘記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by SEOテンプレートKAETEN X