301リダイレクトの正しい使い方(将来のサイト移動に備えて) | サラリーマンの副業奮闘記

301リダイレクトの正しい使い方(将来のサイト移動に備えて) | サラリーマンの副業奮闘記 記事一覧

301リダイレクトの正しい使い方(将来のサイト移動に備えて)

 まいど吉田屋です。


Googleウェブマスター向けブログで、
今日公開された記事は、必ずブックマークしといてくださいね。



中身を読んで、今は訳分からないって場合でも、
将来、必ず役に立つことがあります。


こういった記事を必要になったときに探すのは、
本当に大変ですからね。


 

記事タイトルは、
「サイトやコンテンツを新しい場所に移転する方法」です。


  • 新たに取得した独自ドメインにサイト全体を移動する。
  • サイトの一部を別のサイトに移す。
  • 二つのサイトを一つのサイトに合体させる。


こんな場合に、ユーザーとクローラーが、
正しく新しいページに辿りつけるようにする方法です。


クローラーというのは、
検索エンジンがネット上の情報をデータベースに保存するために、
自動的にウェブ上の情報を巡回して集めているプログラムのことです。


Googleなどの検索エンジンは、
検索語が入力されたとき、実際のネットを調べに行ってるわけでは
ないんですね。


そんなことしてたら、
あんなに早く、検索結果を返すことはできません。


実際は、自前のサーバーにネット上の情報を予めデータベース化しておいて、
検索されたら、そのデータベースを調べに行ってます。


そこに情報を登録(インデックスといいます)してくれるのが、
このクローラー。


ですから、クローラーにちゃんと見つけてもらえない情報は、
いくら検索しても、ヒットしないわけですね。


なので、移動先のサイトにちゃんとクローラーを導くことは、
とても大切なことなんです。



その方法が詳しく書かれているのが、今回の記事。


記事では、
”このようなコンテンツの場所の移動は多少努力が必要ですが”
と書いてあります。


が、ナメてはいけません。


はっきり言って、”多少”の努力では済みません。


手順を読むだけで、うんざりするほど面倒です。


しかし将来、上に書いたような理由で、
どうしてもサイトを移動しなければならなくなる場合が
出てくるかもしれません。


そんなときは、必ずこの記事に書いてある手順に沿って、
サイトを移動させるようにしましょう。


だって、Google自身が書いた手順ですから、
これ以上確かな方法はありません。


しかも、サイト移動の方法について、
ここまで丁寧に書かれた記事を、
私はこれまで見たことがありません。


もし、あなた自身がサイト移動する機会がなくても、
読者さんから質問されたとき、この記事を教えてあげることができます。


ですから、後で見失ってしまわないように、
今のうちに、ちゃんとブックマークしておきましょうね。



ここでブックマークしておかない人に限って、
忘れた頃に、この記事が必要になったりします。


世の中、そういうもんです。(笑

comments(2)trackbacks(0)|2012.06.01 Friday | category:├ SEO
このブログで人気のある記事を読む

ブログパーツ
このブログで人気のある記事を読む

コメント








   

はじめまして。
ホームページを素人の私が初めて作って四苦八苦していました。ですので、吉田屋さんの記事は大変勉強になります。
Googleウェブマスター等に登録しましたが、どうもネットの集客がイマイチ・・汗
クロールのことも、この記事でよくわかりました!
今後も勉強しに伺います。
ブックマークも忘れずにします^^

エスコート 2012/06/06 1:28 PM

エスコートさん、いらっしゃい。

お役に立てて、嬉しいです。

ブログを拝見しようとしたのですが、
実は、中国からはFC2ブログは開けません。

JUGEMはいいのに、なんでFC2が駄目なのか、
理由は定かではありませんが、しょうがないですね。

ってことで、海外出張から帰国したら、
拝見させていただきます。

吉田屋 2012/06/08 12:52 AM

トラックバック
この記事のトラックバックURL:

月間アーカイブ



(最近の記事一覧)
Copyright © 2018  301リダイレクトの正しい使い方(将来のサイト移動に備えて) | サラリーマンの副業奮闘記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by SEOテンプレートKAETEN X