London(ロンドン)オリンピックから学んだ記事の書き方 | サラリーマンの副業奮闘記

London(ロンドン)オリンピックから学んだ記事の書き方 | サラリーマンの副業奮闘記 記事一覧

London(ロンドン)オリンピックから学んだ記事の書き方

オリンピックまいど吉田屋です。


London(ロンドン)オリンピック、
終わっちゃいましたね。(淋


感動的なシーンがいっぱいありました。


と同時に、
今回は、吉田屋にとって、
多くの学びがあったオリンピックでした。


 

ここ2日ほど、
吉田屋は、記事も書かずに、
オリンピック関係のテレビを見まくってました。(笑


というのも、
オリンピックの後半、
ずっと海外出張していたんですね。


海外で得られる日本選手の情報は、
非常に断片的です。


テレビでは、
その国の選手と対戦するときくらいしか、
放映されません。


ほとんどが、
ネットを通じた情報のみ。


ですから、
誰がメダルを取ったのかは知ってました。


でも、日本に帰ってきてあらためてテレビで見ると、
結果を知っているにも関わらず、
めちゃくちゃ感動するんです。


なでしこがアメリカに負けたことも知ってましたが、
表彰式の映像を見ると、泣けてきました。


男子メドレーリレーが銀メダルを取ったことは知ってましたが、
松田選手のインタビューの言葉に、心が揺さぶられました。


オリンピック


海外で結果を知ったときの喜びと、
日本でテレビを見たときの感動。


この大きな違いはなんだろうと考えたとき、
キーワードが3つ、浮かんできました。


  • 物語
  • 本人
  • 映像


女子レスリングで小原選手が金メダルを取りました。


それを海外で知ったとき、
もちろん、凄いなって思いました。


でも正直、
おばら?おはら?こばら?って程度だったんです。


ところが、
日本に帰って来てテレビや新聞で彼女を知ったとき、
マジで感動しました。


今でも、ちょっと涙腺がやばくなるくらいです。


あの類人猿最強の女性、吉田選手に敗れて
アテネと北京、2つのオリンピックに出られませんでした。


現役を引退し、
一時はうつ病になるくらい落ち込んでいたそうです。


そこから、お父さん、妹さん、そして旦那さんに支えられて、
ロンドンオリンピックに出場。


31歳で、遂に金メダルを取りました。


「頑張れば夢は叶う」


本当に頑張って夢を叶えた人の言葉は、
重みがあります。


腫れた目で、顔をクシャクシャにしながら語る彼女。


そこには、物語があり、本人の言葉があり、
さらに感情に直接訴える映像がありました。


人は物語(ストーリー)に感動する。


良く言われる言葉ですが、
今回、あらためて実感しました。


そして、本人の言葉以上に、
力強く伝わってくるものはありません。


「〜と××さんが言っています。」とか、
「〜だそうです。」では、ダメなんですね。


自分の言葉で語らなければ、相手の心に届きません。


さらに、映像です。


映像には、言葉だけでは伝えられない力があります。


「腫れた目で、顔をクシャクシャにしながら」
では、伝わらないんですね。


(と、本当はここで彼女の写真を載せたいところなんですが、
著作権法上、やっぱ無理ですね。

オリンピック関連の映像は著作権が特に厳しいので、
注意しましょう。)


ただ、映像だけでも、ダメなんですね。


そこに物語を語る文字や、本人の言葉が必要です。


ストーリーがあって、
自分の言葉で語り、
そして映像もある。


これが、人の心を動かす鉄板の法則ですね。


で、これって、
まさにネットビジネスの記事に、
そのまんま当てはまります。


読者さんの心に響く記事を書き、
そして、行動してもらうためには、
この3つの要因が必要なんですね。


今回、
日本に帰ってきてロンドンオリンピックを満喫した吉田屋は、
こんなことを学びました。


早くも、次のオリンピックが待ち遠しいですね。(笑


あっ
その前に、ワールドカップもあるな・・・

comments(4)trackbacks(0)|2012.08.13 Monday | category:├ コピーライティング
このブログで人気のある記事を読む

ブログパーツ
このブログで人気のある記事を読む

コメント








   

吉田屋さん

こんにちは、パワブロです。

物語ってものすごく人の興味を惹きますよね。
最も共感や感動を呼びやすいのが、物語だと思います。

商品でもよく開発秘話が書かれていますし、
情報商材のセールスレターには販売者の過去が詳しく書かれていますし、
ドキュメンタリー番組ではプロジェクトの歴史が
詳しく特集されていますし…。

本当、物語ってそこら中で使われている
とても効果的なテクニックだと感じました。

私は映像は使えていませんが、
物語は積極的に取り入れるようにしています。

応援クリック!

パワーブログアフィリエイト@パワブロ 2012/08/14 11:50 AM

パワブロさん、いらっしゃい。

古くから言われていることですが、
やっぱり物語は人を惹きつけますよね。

とはいえ、なかなか魅力的な物語を書くのは難しいですが、
上手に使いたいなと、いつも思ってます。

パワブロさんも、
ブログではいろんな画像を使われますよね?

サイドカラムのタイトルにあるアイコンが、
素敵です♪

吉田屋 2012/08/15 1:20 AM

吉田屋さん
吉田屋さんの無料レポートを読んで来ましたクスノキタケユキと申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

私は、まったくオリンピックを見ておりません。(汗)

それでも、記事を読んで、迫力を感じました。
やっぱりストーリーに人は反応するんですね。^^

またお邪魔させていただきます。
ありがとうございます。

応援です!

クスノキタケユキ@JAST 2012/08/15 10:01 PM

クスノキタケユキさん、いらっしゃい。

無料レポートをお読みいただき、
ありがとうございました。

スポーツはいいですよね。

戦争中のところも、
オリンピック期間中は停戦するっていう、
その精神がいいじゃないですか。

まあ、停戦できるんなら、
そのまま止めたらって思っちゃいますけど。


物語は人を惹きつけるだけじゃなくて、
記憶にも残りやすいんです。

ライティングには、強力な武器になりますね。

吉田屋 2012/08/16 4:10 AM

トラックバック
この記事のトラックバックURL:

月間アーカイブ



(最近の記事一覧)
Copyright © 2018  London(ロンドン)オリンピックから学んだ記事の書き方 | サラリーマンの副業奮闘記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by SEOテンプレートKAETEN X