よろずや(YOROZUYA)での物販は古物営業法に注意 | サラリーマンの副業奮闘記

よろずや(YOROZUYA)での物販は古物営業法に注意 | サラリーマンの副業奮闘記 記事一覧

よろずや(YOROZUYA)での物販は古物営業法に注意

 まいど吉田屋です。


ペイパル(Paypal)と銀行振込を使った販売支援ツール
「YOROZUYA(よろずや)」



購入を躊躇する一番の理由は、
何を売ったらいいの?ってことではないでしょうか。


「売れるような独自特典なんてないしなぁ・・・
そうか!せどりに使えるじゃん!
ブックオフで古本買ってきて、YOROZUYAで転売しちゃおう!」


って、ちょっと待ったーーーっ!


よろずや(YOROZUYA)だからといって、
何でもかんでも売れるってわけではありませんよ。


 

ネット上の取引、つまり通信販売は
特定商取引に関する法律の規制を受けます。



さらにもう一つ、
ネット上で物品を販売する場合に、
気をつけなければならない法律があります。


それが、古物営業法


古物というのは、いわゆる中古品のことです。


法的には、一度使用された物品、
若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの
又はこれらの物品に幾分の手入れをしたもの、と定義されています。


そして、古物を扱うには、
都道府県公安委員会の許可が必要です。


つまり、中古品を勝手に売っちゃあ、いけないわけですね。


ブックオフから転売目的で買ってきた古本を、
ブログで紹介して売る。


これは、古物商許可がないとできません。


引越しする友達からタダでもらった古本を、
ブログで紹介して売る。


これは、古物商許可がなくてもできます。


・・・


・・・


違い、分かりましたか?


実は、古物営業法は、
盗品などの流通防止や早期発見を目的とした法律です。


窃盗犯が盗んだものをタダで人にあげることはありませんから、
無償で譲り受けたものは、古物であっても古物営業法の対象外なんですね。


具体的には、
こちらの警視庁のホームページに分かり易く書いてあります。



【古物商許可が必要な場合】

  • 古物を買い取って売る。
  • 古物を買い取って修理等して売る。
  • 古物を買い取って使える部品等を売る。
  • 古物を買い取らないで、売った後に手数料を貰う(委託売買)。
  • 古物を別の物と交換する。
  • 古物を買い取ってレンタルする。
  • 国内で買った古物を国外に輸出して売る。
  • これらをネット上で行う。


【古物商許可が必要ではない場合】

  • 自分の物を売る。
    - 自分で使っていた物、使うために買ったが未使用の物のこと。
    - 最初から転売目的で購入した物は含まれません。
  • 自分の物をオークションサイトに出品する。
  • 無償でもらった物を売る。
  • 相手から手数料等を取って回収した物を売る。
  • 自分が売った相手から売った物を買い戻す。
  • 自分が海外で買ってきたものを売る。
    - 他の輸入業者が輸入したものを国内で買って売る場合は含まれません。


まあ、自分で作った特典を販売したり、
セミナーや懇親会の会費を集めたりするのは、
そもそも古物営業に該当しませんから、心配無用です。


しかし、YOROZUYA(よろずや)を使って、
物品を販売する場合は、古物営業法に注意しましょうね。



comments(0)trackbacks(0)|2012.09.16 Sunday | category:├ YOROZUYA(よろずや)
このブログで人気のある記事を読む

ブログパーツ
このブログで人気のある記事を読む

コメント








   
トラックバック
この記事のトラックバックURL:

月間アーカイブ



(最近の記事一覧)
Copyright © 2018  よろずや(YOROZUYA)での物販は古物営業法に注意 | サラリーマンの副業奮闘記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by SEOテンプレートKAETEN X