アフィリエイト批判に耳を塞いでいてはいけません | サラリーマンの副業奮闘記

アフィリエイト批判に耳を塞いでいてはいけません | サラリーマンの副業奮闘記 記事一覧

アフィリエイト批判に耳を塞いでいてはいけません

 まいど吉田屋です。


  • アフィリエイトは究極のビジネスモデル
  • これからはノマドワーキングが主流になる
  • いよいよフリーエージェントの時代が来る


ワクワクしますね〜


夢を叶えるには、アフィリエイトしかない!


そう信じ込んでいる、あなた。


私の話を、ちょっとだけ聞いてもらえませんか?


 

いえね。
アフィリエイトじゃ稼げないとか、詐欺だとか、
そんな話をしたいわけではありません。


物事には、二面性があるのです。


どんなものにも、良い面と悪い面があります。


アフィリエイトにも、
良いところと悪いところが、ちゃんとあります。


問題は、その一方しか聞かないことです。


夢を託したアフィリエイトを批判する意見は、
あまり聞きたくない、という気持ちも分かります。


私だってアフィリエイターですから、
アフィリエイトを頭ごなしに否定する言葉は、
聞いていて気分が良いものではありません。


でも、自分に都合の良い情報だけを選んでいては、
正しい判断ができなくなってしまいます。


耳障りの良い一方的な意見だけを聞いているのは、
非常に危ない状況なのです。


それは、暴走する新興宗教と同じです。


あなたは、周りの否定的な話に対しても、
ちゃんと聞く耳を持っていますか?


では、
アフィリエイトを批判する3つの記事をご紹介しますので、
読んでみてください。



一つ目は、BLOGOSから永江一石さんの、
『本日の独り言。ITビジネスでもなんでもない、単なるマルチ商法まがいについて』
(2013年1月20日)


  • 馬鹿な情報弱者をひとりくわえ込むと、順番にそれを食い物にします。
    情報弱者に多額の講習料を払わせ、メールアドレスを集めさせると
    それを搾取してスパムを打ってまたまた次のカモになる情報弱者を釣り上げます。
  • スパム打ってアメブロで削除されまくるのがITか(爆笑モノ)
  • ひとりの情報弱者でお金欲しい病のカモを釣り上げると、
    幹部達は次々とそれぞれの情報商材を「信者に」売りつけていきます。


反論したくなる気持ちは、よ〜く分かります。(笑


でもね、
まず、聞きましょうよ。


感情的に全否定していては、
何の進歩もありません。



二つ目は、これもBLOGOSからfujiponさんの
『ノマドと社畜 ~ポスト3.11の働き方を真剣に考える 』(2013年1月17日)


  • ・多くの方が、アメリカなどで10年以上前に言われていた
    フリーエージェントに関するネタを使い回し、
    「これからはノマドだ。海外の働き方は、云々……」などと書いておられました。
  • 僕には、いまの日本で「ノマドライフを宣伝している人」の多くは、
    「ノマド」という格好良さそうなイメージを売りつけることによって、
    その日暮らしをしている「ネズミ講の上位カーストの人」に見えます。
  • 少なくとも、「炎上エントリでアクセスを稼ぎ、アフィリエイトで収入を得る」
    なんて生活モデルは、「とりあえず今は自由っぽい感じがする」かもしれませんが
    「自立」にはほど遠いと思います。


「ノマド」というのは、英語で遊牧民のことです。
そこから、時間や場所に縛られずに仕事をする、
ワークスタイルに使われるようになりました。


スタバなどで作業をする、
まさにアフィリエイターのスタイルが、ノマドですね。


かなり、ムカついてきちゃいましたか?(爆


我慢して、もう一つ読んでみてください。


三つ目は、Pouchから纐纈タルコさんの
『ビジネスパーソン必見! facebookのトップページからおカネ稼ぎを実現するための、
いちばんイイ方法とは……』
(2013年1月8日)


  • みんなが遊びで使っているツールであるfacebookでお金もうけをしようと思うのなら、
    そのもうけに相当する大変な労力を注ぎ込む必要があるでしょう。
    ものすごい数のユーザーを集めて、ものすごく面白いと思ってもらえる
    コンテンツを提供しなければならない。
  • これはブログのアフィリエイトでも言えることですが、
    個人がのんびりやるレベルの何かでお金などもうかるわけがありません。
    その意味では、facebookで楽にお金をもうけようと思うことは、
    積んだ古雑誌が勝手に札束に変わるのを期待するのと同じレベルの話なのです。
  • facebookでお金もうけを狙うより、ちゃんと働いたほうが結果的にもうかるんだよ。
    夢ばっかり見てないで、きちんと地に足をつけて自分のすべき仕事をしようよ。
    たった3行のマニュアルは、そんなことをわたしたちに教えてくれているようです。


こいつら何にも分かってねぇ
と、耳をふさいで無視するのは簡単です。


でも、そうやって自分を正当化するだけでは、
怪しい新興宗教と同じになってしまいます。


大切なことは、
なぜ、このような意見が出てくるのか、
その理由を理解することです。


そして、
自分の今やっていることを客観的に見ることです。


こうした批判に、
あなたは論理的に反論できますか?


感情的に喚き散らすことしかできなければ、
あなたのやっているネットビジネスは、
いつまで経っても世間に認められることはありません。


いくら稼いだとしても、
家族や友達に、理解されることはないでしょう。


目を背けてはいけません。
耳を塞いでいてはダメです。


一度、こうした批判と真剣に向き合って、
あなたの答えを出しておくべきです。


そうしないと、
自分の中にある疑問が膨れ上がり、
いずれ耐えられなくなる日が、来ます。

comments(2)trackbacks(0)|2013.01.20 Sunday | category:アフィリエイト
このブログで人気のある記事を読む

ブログパーツ
このブログで人気のある記事を読む

コメント








   

吉田屋さん

御世話になります
RENSUKEです。

いつもこういう記事を
見かけますが論理的に反論する


こういう考えは持っていませんでした。


正直、しらんぷりしていればいい。
そんな感じでいましたからね(汗

向き合うという事も必要ですね。

勉強になりました

球、お邪魔しますm(__)m

rensuke777 2013/01/21 12:53 AM

RENSUKEさん、いらっしゃい。

批判にもちゃんと耳を傾け、
反省すべき点は反省し、
反論すべき点は反論する。

そうするのが、
業界の健全化に繋がると思います。

自分と違う意見を、
全てシャットアウトしてしまっては、
世の中に認められることはないでしょう。

もちろん、聞くに値しない意見もありますが、
ちゃんと向き合うことも、必要ですよね。

吉田屋 2013/01/21 1:44 AM

トラックバック
この記事のトラックバックURL:

月間アーカイブ



(最近の記事一覧)
Copyright © 2018  アフィリエイト批判に耳を塞いでいてはいけません | サラリーマンの副業奮闘記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by SEOテンプレートKAETEN X