トラックバックとはリンク通知のことです | サラリーマンの副業奮闘記

吉田屋のメルマガ登録でプレゼントを差し上げています
メルマガ登録

お忙しいあなたに、吉田屋のメルマガはいかがですか?
もちろん無料!いつでも解約できます。
ときには、ブログに書けないようなことも・・・

今なら、ネットで稼ぐ基本スキルを全て図解した
会員制の吉田屋のマニュアル館に無料でご招待してます。


トラックバックとはリンク通知のことです | サラリーマンの副業奮闘記 記事一覧

トラックバックとはリンク通知のことです

まいど、吉田屋です。


■「トラックバック」とは「リンク通知」のことです



「あなたはトラックバック、使ったことあります?」


”ない”という方、結構いるような気がします。
もったいないです。


やってみると、凄く簡単で便利なんですよ。


せっかくなので、この記事を読み終わった時には、
「トラックバック楽勝〜!」状態になってください。





さて、「トラックバック」とは、相手のブログにリンクを張ったことを、
相手に通知する仕組みです。


例えば、あなたがブログ記事の中で吉田屋のブログへの
リンクを張ってくれたとしましょう。


そのままでしたら、私はあなたがリンクを張ってくれたことを
知る由もありません。


そこで、通常はあなたが、「吉田屋さん、あなたの記事にリンクを
張りましたよ。」とメールやコメントで教えてくれるわけですね。


これで、私はあなたがリンクしてくれたことは分かるのですが、
あなたのどの記事にリンクがあるのかは、探さないと分かりません。


また、時間が経ったら忘れちゃいますね。


ところが、あなたがトラックバックを使うと、私は、
誰がどの記事で、吉田屋へのリンクを張ってくれたのか、
分かるようになります。


また、リンクを張ってくれた私の記事の下に、
あなたのブログタイトルとURLが表示されます。


さらに、サイドカラムの「トラックバック」というエリアに、
私の記事にリンクを張ってくれた方として、記録されます。


つまり、トラックバックは双方にメリットがある相互リンクなんですね。



【あなたのメリット】

・いちいちリンクを張ったことを、吉田屋に伝える必要がない。

・吉田屋のブログに、自分の記事へのリンクを貼ることができる。


【吉田屋のメリット】

・誰がどの記事にリンクを張ってくれたのか、分かる。

・その履歴が、サイドカラムに自動で表示される。



ここで注意を一つ。


鋭い方は気づかれていると思いますが、トラックバックは、
自分が相手にリンクを張っていなくても、できます。


つまり、相手から自分への一方的なリンクを張ることも可能です。
これを、「トラックバック・スパム」と呼びます。


ただし、JUGEMでは、あからじめトラックバック・スパムを
受け付けないように設定することができます。

トラックバック設定JUGEM

”リンクなしトラックバックの拒否”で”拒否する”にすると、吉田屋の記事への
リンクがないトラックバックは、自動的に無視されるようになります。


この機能はFC2にもあります。

トラックバック設定FC2

いずれにしても、マナー違反ですから、やらないよう注意しましょうね。


トラックバックとは、まず自分が相手にリンクを張って、
それを相手に伝える仕組みです。


もう一回。


まず自分が相手にリンクを張って、それを相手に伝えます。



では、実際にトラックバックするところを見てください。


私のもう一つブログ(FC2ブログ)をあなたのブログとしますね。
そこから、この吉田屋のJUGEMブログにトラックバックしてみましょう。


まず、あなたのFC2ブログで記事を書きます。
そして、私の記事へのリンクを張ります。

リンク張る前FC2

このとき、私のブログのURL(http://blog.yoshida-ya.biiz)でリンクを張りますと、
クリックしたときにトップページ(最新記事)に飛んでしまいます。

トップページ

特定の記事にリンクを張るには、その記事の下にある”Trackback”を
クリックしてください。

トラックバックのクリック

すると、その記事独自のURLが表示されますから、それを使います。

トラックバック先URL

この記事「トラックバックはリンク通知のことです」のURLは、
”http://blog.yoshida- ya.biz/?eid=80#trackback”です。
ブログのURLに”?did=80#trackback”が付いてますね。


目次やLATEST ENTRY(新着記事)などで記事を選ぶと、
”http://blog.yoshida-ya.biz/?eid=80”
ですが、こちらのURLでも結構です。

トラックバック先URL2

リンクの張り方はブログサービスによって異なります。
FC2では、まずリンクする部分を選択して、”URL”をクリックします。

リンク部分を選択

開いたウィンドウの「アドレス」に、
”http://blog.yoshida-ya.biz /?eid=80#trackback”を
ペーストしてから、”OK”をクリックします。

リンクURL入力

すると、リンクタグが貼られます。

リンクタグ

画面では、下のように見えます。

画面で見るリンク

これで、あなたのブログ記事に私のブログ記事へのリンクが張れました。



次に、リンクを張った吉田屋JUGEMの記事の一番下を見てください。


”Trackback”の下に、URLがあります。
”http://blog.yoshida-ya.biz/trackback/80"
これが、”トラックバックURL”と呼ばれるものです。
コピーしておいてください。

トラックバックURL

このまま進んでもいいのですが、せっかくなので、その上にある
コメント欄にも一言残しておきましょう。


”name”にあなたのハンドルネーム、”url”にあなたのブログのURL、
”comments”にコメントを記入します。


”email”は、入力必須にされている方もいますが、
私はあまり入力しません。


こんな感じですね。

コメント入り

トラックバックURLをコピーするのを忘れないようにして、
ご自分のブログに戻ります。


” 記事の編集”に”トラックバック”という欄がありますので、
ここにコピーしてきたトラックバックURLをペーストします。

トラックバックURLの入力


そして、記事を保存しましょう。


トラックバック欄の右下にある[送信済]をクリックすると、
下に”送信済トラックバック”の欄が現れて、確認することができます。

送信済みトラックバックの確認

さて、これでトラックバックができました。


JUGEMに戻ってみると、記事の下に、”comments(1)”、”trackbacks(1)”と
なっています。

トラックバックカウント

”commnets(1)”をクリックすると、あなたが書いたコメントが表示されます。

コメント

そして、さきほどのTrackback URLの下に、あなたの記事タイトルと、
記事の始めの部分(A)が表示されます。

記事下のトラックバック


吉田屋のブログに来て、この「トラックバックとはリンク通知のことです」を
読んだ読者さんが、ここをクリックすると、あなたのブログにアクセスが流れます。


また、サイドカラムの”RECENT TRACKBACK”に、
あなたの記事タイトル、ブログ名、トラックバック日付が表示されます。

トラックバックエリア


こちらがクリックされると、直接あなたのブログ記事ではなくて、
上の(A)に飛びます。



いかがですか?


習うより慣れろです。
私のこの記事で練習してみませんか?


1回やれば、あとは簡単ですよ。


ただし、先ほどの”拒否する”を設定しておきますので、
私の記事へのリンクを貼ってないトラックバックは、拒否されます。(笑


必ず、この記事へのリンク、
”http://blog.yoshida-ya.biz/?eid=80#trackback”
を張ってから、トラックバックしてくださいね。


この記事の一番下に、あなたの記事タイトルと内容の冒頭が表示されれば、
成功です。


もちろん、他の記事へのトラックバックも大歓迎です!



今日はトラックバックについてご説明しました。


「トラックバック楽勝〜」でしょ??


comments(5)trackbacks(1)|2009.12.08 Tuesday | category:ブログ・サイト
7つの無料音声をお届けします

アフィリエイト?何それ?

  • どうやって始めるの?
  • いくら稼げるの?
  • 私にもできるの?

そんなことも知らずに、ネットビジネスを始めちゃダメです。
お金を使う前に、まず、これを聞いてみてください。
吉田屋が、初心者の疑問に本音で答えました。

このブログで人気のある記事を読む

ブログパーツ
吉田屋のメルマガ登録でプレゼントを差し上げています

メルマガ登録

お忙しいあなたに、吉田屋のメルマガはいかがですか?
もちろん無料!いつでも解約できます。
ときには、ブログに書けないようなことも・・・

今なら、ネットで稼ぐ基本スキルを全て図解した
会員制の吉田屋のマニュアル館に無料でご招待!


このブログで人気のある記事を読む

コメント








   

この記事にリンクを張りました。
ありがとうございました。

あなたのハンドルネーム 2009/12/08 4:10 PM

こんばんは、那賀です。

トラックバックは、確かに
コメントと比べると、
使われていないように思いますね^^;

有用な記事を引用する時などに使うといいんですけど、
ついリンクを貼っておしまいにしがちですね‥‥。
確かに、もったいないです。

応援です。

那賀@リセールライト実践中! 2009/12/08 10:41 PM

那賀さん、いらっしゃい。

私も使い切れていませんが、
今回いろいろ調べてみて、
やっぱりもったいない気が
しましたね。

吉田屋 2009/12/09 12:04 AM

吉田屋さん こんばんは

はじめまして 唯花です☆


私も相田みつを大好きです♪
私の好きな言葉は「しあわせはいつも自分の心がきめる」です。

全然関係ないコメントですいません(>_<)


相田みつをのバナーがあって、
うれしくなっちゃって♪


応援済みです ♪ぷちん♪

唯花 2009/12/09 10:51 PM

唯花さん、いらっしゃい。

相田みつをさん、いいですよね〜。
唯花さんの心が決めた幸せって、
なんですか?

吉田屋 2009/12/10 12:44 AM

トラックバック
この記事のトラックバックURL:

トラックバックの実演です

吉田屋のJUGEMブログにトラックバックしてみます。 トラックバックの詳細は、こちらをご参照ください。 ↓ ↓ ↓ http://blog.yoshida-ya.biz/?eid=80#t...

表ブログアフィリと裏メルマガ 2009/12/08 4:51 PM

月間アーカイブ



(最近の記事一覧)
Copyright © 2017  トラックバックとはリンク通知のことです | サラリーマンの副業奮闘記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by SEOテンプレートKAETEN X