記事の読んでほしいところで読者の音読を止める方法(初級編) | サラリーマンの副業奮闘記

吉田屋のメルマガ登録でプレゼントを差し上げています
メルマガ登録

お忙しいあなたに、吉田屋のメルマガはいかがですか?
もちろん無料!いつでも解約できます。
ときには、ブログに書けないようなことも・・・

今なら、ネットで稼ぐ基本スキルを全て図解した
会員制の吉田屋のマニュアル館に無料でご招待してます。


記事の読んでほしいところで読者の音読を止める方法(初級編) | サラリーマンの副業奮闘記 記事一覧

記事の読んでほしいところで読者の音読を止める方法(初級編)

 まいど吉田屋です。


今日は「耳のリズム」を変える
簡単な方法をご紹介しましょう。


「耳のリズム?」って方、
まず、こちらの記事を読んでみてください。



 

記事を書いた後、文章の体裁を整えるとき、
吉田屋が一番気にするのは、「目と耳のリズム」です。


日本語の文章は、
目で読まれるだけではありません。


声に出して音読しない限り、
文章の音なんて関係ない、と思っていませんか?


この文章を声に出さずに読んでいる自分の頭の中を、
注意深く観察してみてください。


ねっ?
ちゃんと発音してるでしょ?


それを頭の中にある架空の耳で、
音として聞いているのに、気付いたはずです。


つまり、文章を読むときは、
目で文字を追いかけるのと同時に、
頭の中で音読しているわけです。


実際に声に出して読まれるかどうかに関係なく、
文章は、音としても伝えられています。


そのため音の変化、
つまり「耳のリズム」を変えることで、
読者の注意を引くことができます。


今日は、その「耳のリズム」を変える、
簡単な方法を3つ、ご紹介しましょう。



ポイント1 擬音語・擬態語を使う


耳に訴える、一番直接的な方法です。


擬音語とは、実際の音を文字で表したものです。


犬の鳴き声の「ワンワン」とか、
爆発音の「ドカン」とか、ですね。


擬態語は、実際には音が出ていないものを
それらしい音に例えて表したものです。


「つるつる」とか「こっそり」とか、ですね。


実際、
滑るときに“つるつる”という音が出るわけではありませんが、
それっぽく表現しているわけです。


このような擬音語・擬態語を使うことで、
文章の臨場感を増し、読者を引きずりこむことができます。


通常、擬音語はカタカナ、擬態語はひらがなで書きますが、
まあ、それほど厳密に使い分ける必要は、ないでしょう。


 

ポイント2 疑問文にする


最も簡単に、読者の注意を引く方法の一つです。


それは、文章を疑問形にすることです。


疑問形にする?


このように疑問文にすることで、
読者自身に質問が投げかけられたように感じます。


人は、質問されると、答えを用意するために、
まず、その質問の内容を理解しようとします。


その自然な反応を利用するわけですね。


平常文よりも、ずっと注意を引くことができます。


なので、
記事のつかみ、つまり文章の最初に良く使われます。


ただし、
ここでも重要なことは”変化”です。


変化が重要?
つまり、疑問文を並べちゃダメってこと?
どうして、ダメなの?
たくさん注意が引けるんじゃないの?


こんな風に疑問文が続くと、
読者の注意は徐々に散漫になってきます。


そもそも、並んだ疑問文は稚拙な印象を与えますから、
続けて使うのは避けましょう。


平常文の中、
ここぞというところに疑問文をはさむのが、コツです。


 
ポイント3 体言止めを入れる


普通に文章を書いていけば、
文末は、「です」や「ます」で終わります。


そこで、
文末に「です」「ます」を使わずに名詞で止めると、
読者の注意を引くことができます。


つまり、体言止め。


「〜です」「〜ます」と続くリズムが、
ここだけ変わるからですね。


体言止めは、文章をシンプルにしてくれますが、
使い過ぎるとぶっきらぼうな印象を与えてしまいます。


せいぜい、1ページに1回くらいにしておきましょう。



ポイント1 擬音語・擬態語を使う

ポイント2 疑問文にする

ポイント3 体言止めを入れる


簡単な方法ですが、効果は絶大。


さらに、
以前ご紹介した「目のリズム」を変える方法を併用することで
より大きな効果が期待できます。


覚えておいてくださいね。


『読者は、記事を目と耳で読む。』


「目のリズム」を変化させる方法の上級編は、
また別の機会にご紹介します。


comments(0)trackbacks(0)|2013.07.05 Friday | category:├ コピーライティング
7つの無料音声をお届けします

アフィリエイト?何それ?

  • どうやって始めるの?
  • いくら稼げるの?
  • 私にもできるの?

そんなことも知らずに、ネットビジネスを始めちゃダメです。
お金を使う前に、まず、これを聞いてみてください。
吉田屋が、初心者の疑問に本音で答えました。

このブログで人気のある記事を読む

ブログパーツ
吉田屋のメルマガ登録でプレゼントを差し上げています

メルマガ登録

お忙しいあなたに、吉田屋のメルマガはいかがですか?
もちろん無料!いつでも解約できます。
ときには、ブログに書けないようなことも・・・

今なら、ネットで稼ぐ基本スキルを全て図解した
会員制の吉田屋のマニュアル館に無料でご招待!


このブログで人気のある記事を読む

コメント








   
トラックバック
この記事のトラックバックURL:

月間アーカイブ



(最近の記事一覧)
Copyright © 2017  記事の読んでほしいところで読者の音読を止める方法(初級編) | サラリーマンの副業奮闘記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by SEOテンプレートKAETEN X