読んだだけでライティング・スキルが身に付いちゃうのは天才だけ | サラリーマンの副業奮闘記

読んだだけでライティング・スキルが身に付いちゃうのは天才だけ | サラリーマンの副業奮闘記 記事一覧

読んだだけでライティング・スキルが身に付いちゃうのは天才だけ

 まいど吉田屋です。


アフィリエイターは、
文章を書くことで、お金をいただいています。


記事を書く技術は、
我々にとって、最も重要なスキル。


そのライティング・スキルを学ぶのは、
プロとして、当然と言えるでしょう。




記事を書くのって、難しいですよね〜


ライティングは大切って分かっていても、
なかなか勉強する機会って、ないでしょう?


でも、我々はプロなんですから、
ちゃんと学んで、身に付けておくべきです。




さて、


気付きましたか?


上で、同じことを2回、書きました。


スタイルは違っても、
言ってることは一緒。


要は、ライティングは重要なので、
プロとして勉強しておきましょうってこと。


どちらが説得力、ありましたか?


1番目のスタイルが好きっていう人もいるでしょうが、
説得力は2番目の方が、感じるはず。

  • 口語体だから?
  • 漢字が少ないから?
  • 疑問形だから?


もちろん、
そういう細かいテクニックも、効いているでしょう。


でも、


一番大切なのは、
読み手にどう伝えるかってこと。


表面的なテクニックも、
目的を持って使わなければ、効果はありません。


じゃあ、


2番目の文章は、
相手にどう伝えようとしていると思いますか?


『共感』


はい。


読み手に共感してもらうように、
書いています。


その結果、
より口語体になって、疑問形も使っているわけです。


単に、表現を柔らかくしたり、
疑問形を使おうとして書いているのではありません。


これが、
プロとして学ぶべきライティング・スキルです。


「じゃあ、共感されるように書けばいいのね?」


って、サクッと書ける人は、天才です。


ライティングなんて、
いまさら学ぶ必要もないでしょう。


が、


普通は、無理。(笑


細かいテクニックを覚え、
さまざまな例文から学び、
自分でもやってみて、
それを人に直してもらう。


それを繰り返すことで、
スキルを身に付けていくしかありません。


じゃあ、どうするの?


会社を辞めて、
プロのライターに弟子入りしますか?


それが一番手っ取り早そうですが、
吉田屋なら、まずこれをオススメします。


ライティングって、文章を書くことです。


当たり前ですよね?


そのスキルを、
文章も書かずに身に付けようとするなんて、
無謀だと思いませんか?


だって、素振りもせずに、
ホームランの打ち方を身に付けようとしているようなものです。


これまでのライティング教材って、
読むだけっていうのが、多かったんですね。


それだけでスキルが身に付いちゃう人は、
やっぱり天才の部類だと思います。


プロのスイングを見ただけで、
ホームランが打てちゃう、みたいな。


普通は、プロのスイングを見て、
自分でもやってみて、
それをプロに直してもらわないと、身に付かないでしょう。


それができるのが、
『新・魔法のコピーライティング』


テクニックを学び、
課題を提出し、
プロの添削を受ける。


どうしていままで、
こういう教材がなかったんでしょうね〜


考えてみれば、
ごく当たり前の学び方だと思いませんか?


プロとして、
本気でライティングを学ぶなら、
やってみてください。



吉田屋の本気特典、付けておきました。

このブログで人気のある記事を読む

ブログパーツ
このブログで人気のある記事を読む

コメント








   
トラックバック
この記事のトラックバックURL:

月間アーカイブ



(最近の記事一覧)
Copyright © 2018  読んだだけでライティング・スキルが身に付いちゃうのは天才だけ | サラリーマンの副業奮闘記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by SEOテンプレートKAETEN X