Google(グーグル)が本当に見ているもの | サラリーマンの副業奮闘記

Google(グーグル)が本当に見ているもの | サラリーマンの副業奮闘記 記事一覧

Google(グーグル)が本当に見ているもの

 まいど吉田屋です。


こういう記事、書きたいですね〜


WordCamp Tolyo 2013で
「Googleに聞いてみよう」を聞いてきた!



動物好きで語学堪能な凛さんのブログ、
「りんろぐ。」から、ご紹介します。

りんろぐ。

 

2013年9月14日、
WordPressの最大規模のお祭りが、
東京は蒲田で開かれました。


「WordCamp Tokyo 2013」


そこで、
Googleのサーチクオリティーチームの金谷氏と、
アドセンスプロダクトチームの坂本氏が、
様々な質問に直接答えるセッションがあったそうです。


実際にそのセッションに参加した凛さんが、
12個のQ&Aをレポートしてくれたのが、この記事。


Q1) WordPressって本当に検索に強いのか?
Q2) コンテンツ イズ キング は本当?
Q3) そもそも「良い」コンテンツとは?
Q4) 広告を貼りすぎると検索順位が落ちる?
Q5) Google AdSenseの効果的な配置って?
Q6) ファーストビューが広告だけのサイトはどう?
Q7) title、keyword、descriptionの設定やサイトマップの送信は必要なの?
Q8) Google AdSenseのポリシー違反のガイドラインって?
Q9) レスポンシブウェブデザインは正義なの?
Q10) ホスティングサービス(無料ブログ)と独自ドメインの違いってあるの?
Q11) ウェブサイトで収益を挙げることにおける最大のメリットは何?
Q12) 魅力的なサイトとは?


う〜む。


興味深い質問が、並んでいますね〜


まあ、詳細は記事内容を参照していただくとして、
各Q&Aの根底に流れているズレに、気付きましたか?


・・・


・・





ズバリ!


質問者が見ているのはGoogleだが、
Googleが見ているのは、検索者。



ということ。


Q1は、その典型ですね。


質問者は、
GoogleがWordPressを高く評価しているのかどうか、
それが聞きたいわけです。


ところが、Googleの回答は、
コンテンツは見ているが、ツールは見ていない、
という素っ気無いもの。


でもこれ、
冷静に考えてみれば、当たり前のことです。


あなたがGoogleの検索結果を見るとき、
その情報がWordPressブログに書かれているかどうか、
気にしますか?


WordPressブログだからと言う理由で、
その記事を信用したりしますか?


検索者にとっては、
ブログがWordPressで作られているかどうかなんて、
全く関係ありませんよね。


関心があるのは、記事内容です。


Googleは、
その検索者の目線でしか、
サイトを見ていないわけですね。


自分達にとって役立つかどうかなんて、
関心がありません。


そう考えれば、
このQ1が、実にヘンテコな質問に見えてきませんか?


Q3の回答が、それを見事に物語っています。


「Googleは、コンテンツの価値判断をしていない。」


コンテンツの価値を決めるのは、検索者です。
Googleが決めているわけでは、ありません。


Googleは、
検索者が役立つと判断した情報を、上位表示するだけ。


検索者を無視して、
Google自身が情報の価値を判断しているわけでは、ありません。


いくらGoogleの機嫌をとっても、ムダってこと。

(機嫌を損ねるようなことをしたら、バチが当たりますが・・・)


ですから、
我々も検索者を見るべきです。


検索者が興味を持ってくれるか、
検索者にとって、役に立つのか。


それが、全ての判断基準になります。


そういった目線で、
もう一度、ご紹介したQ&Aを眺めてみてください。


ねっ?
ズレてるでしょ?

comments(0)trackbacks(0)|2013.09.20 Friday | category:├ SEO
このブログで人気のある記事を読む

ブログパーツ
このブログで人気のある記事を読む

コメント








   
トラックバック
この記事のトラックバックURL:

月間アーカイブ



(最近の記事一覧)
Copyright © 2018  Google(グーグル)が本当に見ているもの | サラリーマンの副業奮闘記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by SEOテンプレートKAETEN X