拝啓 「レスポンシブ・ウェブデザイン」信者様へ | サラリーマンの副業奮闘記

拝啓 「レスポンシブ・ウェブデザイン」信者様へ | サラリーマンの副業奮闘記 記事一覧

拝啓 「レスポンシブ・ウェブデザイン」信者様へ

 まいど吉田屋です。


「これからは、レスポンシブ・ウェブデザインの時代だぜ!」


と、信じ込んじゃってる方。


この記事は、読んどいてくださいね。


レスポンシブ・ウェブデザイン






レスポンシブ・ウェブデザイン」、ご存知ですよね?


1つのHTMLファイルを使い、
スタイルシート(CSS)でページのレイアウトを調整する手法です。


つまり、
同じアドレスにPCと携帯端末でアクセスした場合、
それぞれのデバイスに応じて、
ページのデザインを最適化してくれるってこと。


PCと携帯端末ではモニターの横幅が違うため、
レイアウトを変えないと、見づらくなります。


デバイスごとにレイアウトを変えるには、
3つの方法があります。



ポイント1
レスポンシブ・ウェブデザイン(Responsive web design)

URL:同じ
HTML:同じ


ポイント2
動的な配信(Dynamic serving)

URL:同じ
HTML:違う


ポイント3
別サイト

URL:違う
HTML:違う




この中で、
Google(グーグル)が推奨してるのが、
レスポンシブ・ウェブデザイン。


そのせいもあって、
最近では、レスポンシブ・ウェブデザインに対応した
テンプレートが増えてきました。


Googleがレスポンシブ・ウェブデザインを推奨するのには、
理由があります。


ユーザーにとって・・・

  • シェアやリンクがし易い。

サイト管理者にとって・・・

  • リダイレクト(自動的に他のサイトに転送すること)による間違いが起こらない。

Googleにとって・・・

  • クロールが1回で済み、インデックスし易い。




あっ


「レスポンシブル・ウェブデザイン」じゃ、ありませんから。(爆


もし、こんがらがってたら、
こちらの記事も、しっかり読んどいてくださいね。




さて、


いいこと尽くめのレスポンシブ・ウェブデザインのようですが、
実は、そうでもないんです。


その具体例が書かれているのが、こちらの記事。


他の2つの方法と比べて、
レスポンシブ・ウェブデザインが劣っているところを、
まとめておきます。


  • 画像や動画があると、サイトの表示が遅くなる。
  • レスポンシブ・ウェブデザインに対応していない広告は使えない。
  • 複雑な注文に対して、PCと同じシステム上で動く仕組みが作りにくい。




「やっぱ、レスポンシブ・ウェブデザインってダメじゃん!」


と、そんな短絡的なことを言いたいわけでは、ありません。


どんな手法にも、長所と短所があります。


仮に、現時点で完璧な手法だったとしても、
ネット環境が変われば、状況も変わります。


大事なのは、
新しい手法の粗探しをすることでは、ありません。


短所を理解した上で、使いこなすことです。


レスポンシブ・ウェブデザインは、
様々なデバイスに対応するには、
現時点で最も優れた手法でしょう。


しかし、


短所もある。
更に優れた手法が出てくる可能性もある。


それらをちゃんと認識した上で、
使いこなすことが、大切です。


盲目的な信者には、ならないようにしましょうね。


comments(0)trackbacks(0)|2013.10.22 Tuesday | category:ブログ・サイト
このブログで人気のある記事を読む

ブログパーツ
このブログで人気のある記事を読む

コメント








   
トラックバック
この記事のトラックバックURL:

月間アーカイブ



(最近の記事一覧)
Copyright © 2018  拝啓 「レスポンシブ・ウェブデザイン」信者様へ | サラリーマンの副業奮闘記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by SEOテンプレートKAETEN X